2016年02月04日

洗顔の後の水分補給のケアを

乾燥が気になる肌は、毎日顔を洗うこととそれをした後の水分補給のケアを正確に行うことで、改善が期待されます。週7日メイクをされる人の場合には、化粧を落とす工程から見直しましょう。メイクを落とす上で気をつけるコツは、化粧をちゃんと落として更にそれと一緒に、肌を守ってくれる角質や皮脂は取り去らないようにすることです。寒くなると空気が乾燥するので、それによって肌の潤いも奪われます。潤いが肌に足りないと肌にトラブルを起こす要因となるのでケアが必要です。潤いの足りない肌に起こりうるトラブルを予防するためにも保湿・保水を念入りなお手入れを心掛けてください。寒い時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが大切です。冬になると寒くなって血行が悪くなります。血行が悪くなってくると肌細胞に満足な栄養が届かず、新陳代謝がくずれてしまいます。その結果、肌トラブルを起こしてしまうため、血行促進を心がける必要があります。血行が良くなれば、代謝がうまく働き、健康的な肌がつくりやすくなります。肌荒れが生じた場合には、セラミドを補うようにしてください。セラミドとは角質層の細胞に挟まれて様々な物質と結合している「細胞間脂質」です。というのも、角質層には複数層の角質細胞が折り重なっていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。それが、表皮の健康を保つバリアのように機能することもあるため、必要な量が存在しないと肌荒れしてしまうのです。ご存知の通り、ヒアルロン酸は人の、体にも含まれるタンパク質と結合しやすい性質の「多糖類」に分類されるゲルのような性質を持つ成分です。とても水分を保持する能力が高いため、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、大体、間違いなくヒアルロン酸がその成分の一つとして存在しています。加齢に伴って減少する成分なので、積極的に補充するようにしましょう。「美しいお肌のためには、タバコは厳禁!」ということをよく聞きますが、それは美白も同じです。本当に肌を白くしたいと思うのなら、できるだけ早くタバコは止めるべきです。タバコが美肌に良くない理由として一番に挙げられているのが、タバコがビタミンCを破壊してしまうことです。喫煙すると、美白にとって不可欠なビタミンCが破壊されることになります。洗顔の後の保湿はドライスキンを予防・改善する上でなくてはならないことです。これを怠ることでますます肌が乾燥してしまいます。そのほか、クレンジングやメイク用品についても保湿力のあるものを選んでください。ほかにも保湿効果のある入浴剤をおふろに入れたり、温度の高いお湯を使わないというのも乾燥肌に効果があります。元々、お肌が乾燥しにくい人でも寒い季節になるとカサカサになってしまう場合もあるので、顔を洗った後や入浴の後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液を使うことをおすすめします。冬になると肌のトラブルが多くなるので、スキンケアをサボらないようになさってください。きちんと保湿しておくことと血行を良くすることがこの季節のスキンケアの秘訣です。お肌のために最も大切なのは間違った洗顔で肌を痛めないことです。してはいけない洗顔方法とは肌トラブルの原因となり保水力を保てなくなります原因となります。お肌をいたわりながら洗うしっかりとすすぐ、以上のことに注意して洗う洗顔を行いましょう。
posted by 24 at 12:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。